2018年2月22日木曜日

「私たち普通のお母さん」

今日は、2月24日(土)に開催される【Rare Disease Day 2018 in HANNO(SAITAMA)(埼玉県飯能市)】のプレイベントでもある、ニモカカクラブ代表で写真家の和田芽衣さんの個展「私たち普通のお母さん」に行って来ました。
「私たち普通のお母さん」(入場無料)は、24日の17時まで開催しています。

拠点場所である地元から東京都を通り越し、埼玉まで足を運ぶのは初めての体験でしたが、ネット上ではすでに数回交流している和田さんと、実際にお目にかかりお話しするのも初めて。

最初は少し緊張しましたが、「病児」や「きょうだい児」といった共通点のお陰で話も進み、展示された写真を通して、医療的ケア児を抱える親御さんやきょうだい児への支援の必要性を、改めて痛感させられました。

なお、メインイベントは、2月24日(土)10時から17時までとなっております。
入場無料ですが、特別公演のみ有料で13時から15時までの開催。
お問い合わせにつきましては、下記のリンクをクリックしてご覧下さい。

【RDD2018 in Hanno『つながるちから〜Take Action Now!』】


2018年2月5日月曜日

「Instagram」はじめました!

こんにちは。
まずは当会からのお知らせです。

この度、当会のInstagramを開始しました。
【神奈川県央きょうだいの会・Instagram】

今後は定例会、その他各種イベント等の様子を、写真を通してお伝えします。


さて、昨日は横浜の戸塚で開催された「きょうだいの想いを聞く会」に、初めて参加しました。

他のきょうだい会の活動報告や、きょうだいを取り巻く現状に耳を傾けているうちに、きょうだい支援、特に子どものきょうだい支援の必要性を改めて再認識させられました。

子どものきょうだいは、家庭だけでは到底回り切れない人生体験を補うためにも、きょうだいだけで集まり、安心して元々の自分でいられる居場所は必要です。
大人のきょうだいに至っては、つい最近、自分もきょうだいと知った方、本来なら親御さんと同様に支援が必要な方も、決して少なくないのでは…と思います。

当会は、その18歳(高等学校卒業相当)以上の大人きょうだいを対象にした支援団体です。
子どもの頃は決して誰にも話せなかった元々の自分を、安心して話し合える居場所を目指しています。

なお、「きょうだいの想いを聞く会」は、毎年2月頃に開催しています。
来年以降の日程につきましては、下記のリンクのメールアドレスにお問い合わせ願います。
【きょうだい支援の会神奈川】