「セルフヘルプ」の意味

「セルフヘルプ(英: self-help)」とは…

専門職・専門家の助けを借りず、自身の問題を当事者で解決すること。
(Wikipediaより抜粋)

自助グループ(じじょグループ、Self Help Group)とは、なんらかの障害・困難や問題、悩みを抱えた人が同様な問題を抱えている個人や家族と共に当事者同士の自発的なつながりで結びついた集団[1][2]。
その問題の専門家の手にグループの運営を委ねず、あくまで当事者たちが独立しているというのが特徴的である[3][4][1]。
(Wikipediaより抜粋)

脚注[編集]
1.^ a b c d e f 信田さよ子 『アディクションアプローチ : もうひとつの家族援助論』 医学書院、1999年6月、61-66頁。ISBN 4260330020。
2.^ a b “e-health 自助グループ”. 厚生労働省. 2014年12月1日閲覧。
3.^ “Self-help”. Psychology Dictionary. 2014年12月1日閲覧。
4.^ “Self-help group”. Psychology Dictionary. 2014年12月1日閲覧。


 「セルフヘルプ・グループ」

〈自助グループ〉または〈当事者組織〉〈本人の会〉ともいう。
難しい病気を持つなど,同じ問題をかかえている人たちが,思いや体験を話したり聞いたりすることで悩みや苦しみを分かち合い,自分らしく生きていく力を得ようという目的で集まるグループのこと。
(百科事典マイペディアの解説)

0 件のコメント: